腰椎固定術という手術

腰椎固定術-operation

参考画像でお借りしました。すみません。

この画像のように、骨にボルトを突き刺し、固定をするというものです。

折れた骨の上下に私はボルトが入ってます。

第1腰痛破裂骨折。

29歳、20代最後にこんな人生を迎えるとは夢にも思っていませんでした。

折れた骨がくっついたら、ボルトを抜く手術を再度します。

本当に痛み止め飲まないとちょっとくるしくなります。術後は硬いコルセットつけて動かないといけないので、かなり動きに制限されます。

折れた時、緊急入院しました。

レントゲン、CT、MRI沢山の検査をし、骨の状態をチェック。

綺麗に第1腰椎が真っ二つになってました。

折れた骨がズレて神経圧迫させたら、足に痺れや麻痺がでたり、しまいには半身不随になる可能性があるからということで、寝たきり生活を余儀なくされ。

食事から何から全ての事をベッドの上でしました。

看護師さんに色々助けてもらいながら。

1ヶ月近くベッドで寝ていたため、そして、手術後の痛みがすごく、痛みとの戦いをずっとしておりました。

心が何度か折れかけて、それでもリハビリをして。

出産よりこれ痛いんじゃないかなって思うくらいでした。

今も自宅療養をしながら、リハビリをして。

さて、美容師にはいつ戻れるのだろうか、と日々考え、お客様に会いたいなって思う。

私自身も、人の痛みを理解していない生き方をしてきたように思う。

大変だとか、思っていたけど、我が身に来るとは思ってもなく、傲慢さがあったように感じた。

だけど、身近にそういう怪我、病気、様々ありますが、経験した人、経験している人がいるというのは、自分もいつか違う形で違う経験をするから、見本や手本として、準備されているということ。

その人を大事にできるかどうかで、きっと人生が変わる、神様からのメッセージが隠されているように思う。

私は知り合いにヘルニアで手術した美容師の先輩がいたのだけど、先輩に沢山の事を聞いてもらって。

その先輩と出会えて本当に私は良かった、と心から思えましたね。

身近にいるというのは深い意味があるように思いました。

全ては必然でこの手術や事故は私には必要だったから、起こったなぁと。

オーナークラスの方々、一人でお店をされている方、様々な人がいるけれど、全ての人との出会い、別れは全て必然で、縁があり、出会っています。

大事にするべきものをきっちり考えていかないとね、と感じる日々です。

ゆみ

都内で7年、国際ボランティアにて1年、美容師として活躍後、横浜市青葉区にある美容室 Hair & relax Suu にご縁がありお世話になっていま...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)