BLOGブログ

ヘアスタイル-hairstyles

白髪染めやアルカリカラーによる、頭皮のダメージと天然ヘナの違い。

過去の記事を少し編集して、わかりやすくしてみました♬

2年前に書いた記事を改めてみるのって良い勉強になりますね!

目次

  1. 腰椎固定術をし、ボルトを入れながらの美容師の仕事
  2. アルカリカラー、ケミカルヘナ、天然ヘナ(ハナヘナ)の違い

腰椎固定術をし、ボルトを入れながらの美容師の仕事

だんだんと、梅雨らしくなってきましたね。

ここ最近色々と考えることも多く、青葉台で仕事をするようになり、家から近いという事がどれほど、身体も気持ちも楽になったか…という事を、しみじみ感じております。

(2020年9月以降現在では、引っ越しをしまして東京から、こちらの横浜まで仕事に来ております。)

気が付けば事故から、半年以上がたち、今日、担当医からも、次の検査次第で、いつボルトを抜くのかを決めようと、やっとおっしゃっていただくことができて。

なんだかんだ、7か月ボルト入っていたのですが、思った以上に抜くタイミングが早まったなーという感じです。

当初の予定だと9月頃と言われていたので、2か月近く早まると、気持ち的には嬉しいですね。

早く、もっともっと、この美容の仕事ができるようになれば、より、嬉しくなりますね。

社会人として、やっと本当の意味での復帰ができると…(笑)

アルカリカラー、ケミカルヘナ、天然ヘナ(ハナヘナ)の違い

今回はハナヘナトリートメントとカットのメニューで10年以上のお付き合いになるお友達の写真を載せていきますね*

彼女とは、高校生からの付き合いなのですが、まさかこんな、仲良くなるなんで夢にも思っていなかったんですね。高校時代同じ吹奏楽に入っていたのですが、あまりにもヘビーな部でして…

私はついていけなくなり、1年そこらで辞めてしまいました( ;∀;)

懐かしい高校時代の話をしたりすると、気持ちがそのころに戻るように感じますね。

そして、不思議とそのころから仲良しだった人とは、久しぶりにあっても、久しぶりという感覚すらない摩訶不思議な気持ちになります。

ハナヘナトリートメントをするようになって、なんだかんだ2年くらい。

その前は普通のカラーやトリートメントそして、パーマやストレートをしたり、今考えると、とても髪に負担をかけてきたのかもしれないなぁ…と。

ここで働き始めるまで、トリートメントは髪を綺麗に直してくれる?ものだと、やっぱり思っていたし、まぁ、どんなトリートメントしても2週間もすれば、ゴワゴワバサバサになってるんだけど('ω')←

このことについては、なんでだろう??と思いながらもトリートメントに、対してはあまり疑っていなかったりもしたのかもしれない。

そしてヘナに出会って、さらにハナヘナに出会って、ヘナの事勉強すればするほど、知らなかった知識が増えてきて。

美容室って綺麗にするところだけど、根本を直すわけでは決してなく、顔や体でいうと、美容手術してるのと変わらないんだっていうことなんですよね。

だって、カラー、ストレート、パーマ何をしても、髪にケミカルな物を使って、負担をかけているから!!

ケミカルって怖いんですよね。カラー剤パーマ剤とできて歴史的にはまだまだ、浅いんですよ。

人間がケミカルなものに、対応できる身体になってるわけではないのに、どんどん新しい薬はうまれてきていますよね??

全ての薬を否定するわけではないけれど…

でも確実に負担はかかってるんです。その証拠が、アレルギー症状だったりします。

そしてヘナの中にもケミカルなヘナと天然ヘナがあるんですよね。

いやー、まさか、ですよね。

だってヘナにケミカルなもの混ざってるって、あまり思いたくないですよね。

でもね、ケミカルヘナ使ってますって言ってるお店はまだ良心的かもしれないです。

お客様に黙って知ってて、ケミカルヘナ使ってるお店もあるし、知らずに使っちゃってるお店もあります。どちらかというと、知らずに使ってしまっている場合は、どうしようもないけど…

ヘナではないけど、オーガニックカラー!髪に負担かけないで、優しい!とうたったりしているカラー剤ありますよね。負担かけないって言ったって、ケミカルはケミカルですからね。

アレルギーを少しでも持っている場合、どんなに優しいって言ってもケミカルなものが入っていたら、確実に反応を起こします。

美容室で染めて、優しいもので染めたところで、かゆみ、ヒリヒリ、チクチク反応が出たら、美容師ができる事ってすぐ流す事くらい。実際のところ。

あまり直視したくない画像ですが、ひどくなると、こんな症状もでてきます。

私こうなって皮膚科に通った時期もありました。

でも、ケミカルなものって、染めたい色に染まるんですよね。

オシャレをたのしみたい、そんな方にはケミカルなものを使う事をおススメしますが、身体の事を考える方には、ハナヘナを強くお勧めしますね。

そして、暖色が苦手な方には難しいのですが、

毛先だけ、ブリーチまたはクリア剤というものをつかって毛先の色を抜き、上からヘナをかぶせると、結構オシャレな仕上がりになります。

私自身、毛先は色を抜いてヘナを重ねているんですね。

何度も重ねすぎてよくわからない状態ですが、お日様にあたると、毛先が赤く見えます♪

そんな合わせ技もできるので、興味あるかたは、ぜひやってみてください(^^♪

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 白髪染めやアルカリカラーによる、頭皮のダメージと天然ヘナの違い。

【シェアサロンUZI 銀座店】
〒104-0061
東京都中央区銀座1-22-12 マドリガル銀座ビル2階
営業時間:火・水・土(第2・第4)/9:00~20:00

【シェアサロンUZI 千葉 東松戸店】
〒270-2225
千葉県松戸市東松戸1-2-8 フラワーハイツ1階
営業時間:木・金・土(第1・第3)/9:00~20:00

© 2021 美容師Umi PAGE TOP