BLOGブログ

天然ヘナ100%(ハナヘナ)-henna

アーユルヴェーダのヘナ、そしてハナヘナトリートメントとして使うには?

最近アーユルヴェーダのセラピストのお勉強を始めました。主に手技なんですけどね、知識的な事は本から学んでいて自分の体で実験中です。

アーユルヴェーダは東洋医学としてインドやスリランカでは使われています。

ヘナもアーユルヴェーダではとても大事な役割を担っている薬草でもあります。

ハナヘナとアーユルヴェーダ♬

アーユルヴェーダではヘナは万能薬として使われたりしてきました!Suuではアーユルヴェーダの基礎知識を生活の木さんで教えてもらってます。

アーユルヴェーダの講座が表参道でやってまして、私はセラピストコースを受講しています。

まず、アーユルヴェーダと言うのはユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)・中国医学と共に世界3大伝承医学の一つなんですね。3つのドーシャ(体質)があり、生まれながらにして持っているバランスがあり、そのバランスが崩れると病気になると言う考えが、アーユルヴェーダの理論です。

医学的にまではお勉強するのは難しいのですが、マッサージを通して、病気を治すと言うよりは、予防をしましょう。であったり、日本では法律的な問題で治すとは言えないのですが、アーユルヴェーダは体だけでなく、精神面でもドーシャと呼ばれるものがあり、心のバランス、体のバランスを整える目的があったりします。

こちらの本でお勉強中でございます。アーユルヴェーダに詳しいお客様からオススメの参考書を教えていただきました。

そんなアーユルヴェーダでヘナはどのように使われているのかと言いますと、万能薬で使われています。

ヘナの殺菌効果で傷や火傷、打撲の炎症を抑えたり、ヘナに含まれるナフトクウィノンという成分が血圧を安定させ頭痛を和らげたり、毒素の解毒作用から肝臓の機能を高めたりすると言われています

何よりローソニアアルバという成分が睡眠を深くするので、疲労回復の効果があります。インド人の科学者の論文でも発表されているそうです。

なのでヘナをしている最中は寝てしまうお客様が多いです。

私達に馴染みのある髪や頭皮を痛めずに染める事ができます♬

ハナヘナで髪にハリやコシができ元気な髪に*

今回のゲストさんは髪がカラーでダメージしてしまっていて、毛先は手櫛通すのもやっとという感じの髪をしていました。色々調べてヘナで少しでも髪を元気にしたいと言う事でご来店いただきました。

ハナヘナをトリートメントとして使う場合、いくつか注意点がります。

カラー毛で、とても明るい髪の場合、髪がオレンジブラウン系にどうしてもなってしまいます。

ハナヘナ(ヘナ)のもっている色素がオレンジだからですね。ですので、ヘナの後アッシュ系の色に染めたくなったりする場合とっても難しくなります。

普通のカラーではないので、色素は髪に残ります。何度も何度もヘナをするほどアッシュという真逆な色に染める事が難しくなるので、オレンジでも大丈夫な方がまず前提条件としてあります

こちらがヘナ使用前のカラー毛で、毛先はところどころ金髪まではいかなくともそれくらい明るくなってしまってるんですね。どんなカラーをしてもすぐに色が抜けてしまって髪もとても元気がなくなってしまってます。

こちらがヘナをした直後の髪ですね。オレンジっぽくでも少し落ち着いてるのがお分かりになりますか?

正面から見たらこんな感じです。左がビフォーで右がアフターになります。これは1回ヘナをした状態です。

ヘナで髪がつるっとした感覚を持てるようになるまでは個人差があるんですね。髪の状態によりますので。

1回目・ヘナが油分を含みますので、オイルクレンジングをしてるのと同じ状態になります

なので、スッピンと同じ状態の髪になるんですよね。スッピンになると、シミやソバカスとか出ちゃうのと同じように、髪のダメージレベルによってキシキシしてしまうレベルが異なります。ここで、我慢できなくなり、髪のツルツル成分配合のトリートメントなど、使いすぎてしまうと、またスッピンに戻さないとヘナの成分が入り込まないので、注意が必要です

2回目・スッピンの髪になったところに、ヘナが入り込み穴埋め作業を開始

以前にも載せた事が画像ですが、こんな感じです。2回目では穴埋め作業が全部は終わらないんです。2回目の方が場合によってはダメージした!?って思う事もあります。もともとの髪に、分厚い保護成分(分かりやすく言うとファンデーションみたいな)がのっかってると2回目でやっと素髪になれるからです。

そして、3回目のヘナで穴埋め作業が5割くらいきたかな?4回目で完了するかな?というのが平均的な回数です。個人差や髪質にもよるので、絶対とは言えませんが、4回ヘナをしたら、なんとなく変わってくるのが分かるかと思います。

今回のゲストさんの髪を毎回写真におさめさせていただきまして、どのくらいのペースでヘナをしているのかなど、詳しくお伝えしていけたらと思っております。

写真で見ると分かりやすいですからね。

私自身もハナヘナのナチュラル愛用者です。今はショートなのですが、髪がロングだった頃、ヘナをしていると髪のキューティクルが元気なせいか、毎日アイロンつかってもあまり枝毛ができなかったんですよね。

これには驚きました。

普通の髪で何もせずに毎日アイロンを使うとダメージします。確実に。ですので、アイロンを愛用されている方は使い方に要注意ですね!

また経過をお伝えします( *´艸`)

[clink url="https://stylist-yumi.com/henna-japanese/what-is-different/"]

[clink url="https://stylist-yumi.com/henna-japanese/haircolor-change-a-little-dark/"]

こちら過去記事になります♬

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > アーユルヴェーダのヘナ、そしてハナヘナトリートメントとして使うには?

【シェアサロンUZI 銀座店】
〒104-0061
東京都中央区銀座1-22-12 マドリガル銀座ビル2階
営業時間:火・水・土(第2・第4)/9:00~20:00

【シェアサロンUZI 千葉 東松戸店】
〒270-2225
千葉県松戸市東松戸1-2-8 フラワーハイツ1階
営業時間:木・金・土(第1・第3)/9:00~20:00

© 2021 美容師Umi PAGE TOP