強いくせ毛を抑えるにはどうしたら良いですか?

ヘナ-henna

こんなお悩みを抱えている方たち、多いのではないでしょうか??

 

Suuさんのところでお世話になり始めて、早2週間が経ちますが。今までヘナ専門店にいたにもかかわらず、知らなかった事が沢山あったなという事に気がつきました。

 

Suuさんから、ヘナの知らなかった知識を教えていただけたり、こちらではハナヘナを使っているのですが、ヘナの良さを改めて知る事ができたように感じてます。

 

 

このように、ハナヘナだより、というのがありまして、このお便りを少しずつ、読んでは勉強をしております。 でもヘナって

 

 

白髪を染めるためでしょ。。。?

何よりヘナで染めたら赤くならない?

それに、明るくできなくなると聞いたけど?

そんなデメリット聞いた事ありますよね? ヘナのみで何度染めると、たしかに多少オレンジっぽいような、赤っぽいような、そんな色にはなりますが、ヘナは色素を変える事はできません。 なので、黒髪に染めても、ほんとに、ほんのり色が付くというかんじです。ですが

 

 

金髪の髪や、カラーでとても色素がない髪はオレンジになりやすいので注意が必要です🙅‍♀️

ですので、カラーをされている方は、どういう状態の髪なのか、そして、今後どうしていきたいのか、ということを明確にしてから、ヘナをする事をお勧めします。 ですが、 くせ毛の強い方、とっても多くいらっしゃると思うんですよね。今は冬で乾燥していて、くせ毛も多少は収まりやす季節ですが。

 

 

くせ毛をどうにか落ち着かせたい。

とか

 

毎朝少しでも楽になれば良いんだけど。。。

とか。 こんなお悩み持ってる方ってとても多いと思います。 ハナヘナだより、を読んでいるうちに、とてもわかりやすく、驚く内容が書かれていて、私は改めてヘナはすごい!と思いました。 その中のある一部ですが。

 

 

 

年齢とともに、髪の毛のキューティクルの劣化というものはあります。

 

そして、カラーやパーマによるダメージでも、劣化はどんどん進行していきます。

 

ダメージ毛というものは、穴が沢山あいた、スポンジのようなものなんですね。とてもスカスカしてししまい、乾燥もしやすいです。

 

そのために、化粧水つけたり、オイルつけたり、様々な事を皆様されているかとは思います。

 

ハナヘナはとても、粒子が細かく、内部まで浸透をしてくれます。もちろん天然なものですよ!ハナヘナは。

 

ヘナの色素の成分と、髪のタンパク質が絡み合う事で、ダメージのスカスカした部分を修復してくれます。

 

そして、空洞をなくす事ができ、ダメージ毛が落ち着き、艶を取り戻してくれます。

 

ヘナは、そのため、ただ白髪を染めるのではなく、白髪がなくてもトリートメントとして、使う事も可能になります。

 

私自身も、ヘナトリートメントをして、髪のケアをするようになってから、とても髪質は変わり、ヘアアイロンをしても、枝毛がなくなりました☀️

 

これは女性にはとても朗報かと思います。 まだまだ知らない事が多いヘナの世界を少しずつでも勉強して、皆様によりよい情報をお届けしていきたいと思います!

 

ゆみ

都内で7年、国際ボランティアにて1年、美容師として活躍後、横浜市青葉区にある美容室 Hair & relax Suu にご縁がありお世話になっていま...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)