BLOGブログ

アーユルヴェーダ-Ayurveda

【ヴァータ編】アーユルヴェーダで考える食事の大切さ

前回ピッタ編について考えてみたので、今回はヴァータについて考えてみたいと思います。

私自身はヴァータとカパの混合タイプなので、単品だけでなく今後は混合タイプについても発信していけたらと思っています。

目次

  1. ヴァータの体質・性質とは?
  2. ヴァータの人が意識して取る事が望ましい食事
  3. ヴァータの人が避けたほうが良い食事
  4. ヴァータの人が意識する事

ヴァータの体質・性質とは?

前回ピッタ編で食事の大切さについて書きました!

https://stylist-yumi.com/ayurveda-ginza-tokyo-chiba-higashimatsudo-matsudo/pitta-ayurveda-diet/

今回はヴァータの人の体質・性質について書いていきます。

ヴァータは乾燥しやすかったり、明るい印象であったり、寒さによわく、移動性があるので、とにかくクルクル動いています。

ヴァータは風の性質があるので、軽いんですね。

好奇心が旺盛でフットワークが軽かったり、適切に働くと想像力も豊で機転がきき機敏に反応し行動に起こせます。

ただエネルギーが過剰になってしまうと便秘をしやすく、不眠や不安に繋がり、凝りや痛みなどが生じやすくなります。

ただこの体質は、3タイプがおっきなカテゴリーですが、一人一人持っているバランスが違うので、絶対に私これ!となってしまうのはまた危険なのです。

自分に対して厳しく評価をしないで、自然な目線で考えるようにしてあげてほしいんですね。

年齢・教育・環境などによって身体の状態は日々変化をしていきます。ですので、今、自分自身がどのような状態なのかを、第三者の目線で見て考える事がとても大事なんです。

これは身体に対しての体質だけでなく、心の精神的な面でも同じ事が言えます。

自分に対して厳しく評価をしてしまう事は、時によって自己肯定感を大きく下げる事になります。その行為は、誰も幸せになる事ができません。

根本的な部分に着目してみて、わからない時は保留にするなど、とりあえず置いておく事も大事です。

ヴァータの体型や外面は…

もともと痩せていて体重は軽く、どちらかと言うと太れない。食べていても痩せてしまう方も多いです。ご本人は太れない事を悩んでいたりもするんです。

以前私の友人で痩せていて、私は太りやすいので羨ましいと感じていて、私は褒めたつもりで痩せていて良いねとお話したのですが、太れない事が悩みだと言っていたんです。

私はその時、驚きましたが、少し納得もしました。

ヴァータの人が意識して取る事が望ましい食事

朝食

ヴァータ優勢の人と特に、朝食を抜く事はしないようにしましょう。

油分の多い食事や、温かいものが好ましいです。

エネルギーがとにかく不足しやすいので、温野菜やスープ、鍋料理、シチューや炒め物などがオススメです。

炒め物をするにもごま油(ごま油は身体を温める作用があります)などを使う事が好ましいです。

その他、甘味・酸味・塩味のあるものも効果的。

温めた牛乳・チーズ・ヨーグルト。

昼食

ヴァータ優勢の人はあたたかく栄養があり、油脂分が適度に入ったものをご自身の消化力に応じて取る事をオススメします。

食事のはじめに、あたたかく少し酸味のある甘酸っぱいスープなどゆっくりと飲み、消化力を適度にあげてから、他のメインを食べる事が望ましいです。

ヴァータ優勢の方は、消化力も不安定でなので、食べれるとき食べれない時があります。食べれない時に無理をする事は禁物です。

とくにお肉のスープはとてもヴァータの方には合います!

お肉や魚のメインはご自身の今の身体の状態に耳をかたむけ、油を使って調理をされたものを摂ると良いです。

夕食

朝食・夕食で記述した内容をもとに、あたたかいものをメインで食べる事が良いです。

その日の体調だけでなく、季節によっても変わってくるので今はどんな季節なのか、そして今の自分の身体の状態がどうなのかをよくチェックすると良いかと思います。

色々考えてみてもわからない!ってなってくることもあると思うので、そんな時は今自分が何が食べたいか。食材は何がほしいか、そんな事にも着目してみると新しい発見があるかもしれません。

ヴァータの人が避けたほうが良い食事

ヴァータの方は実はコーヒーはあまり沢山飲まない方が良いんです。

コーヒー・紅茶などは実は刺激が強くヴァータの方は刺激に少し弱い傾向にあります。バランスをくずしやすいんですね。

ですので、ノンカフェインのものがオススメです。

ナッツや豆類も消化力が今どうなのか、によって摂ってよい量が変わってきます。そして油なしだと軽さが増してしまいヴァータが増すので油を使って重性を加えてください。

ヴァータの人が意識する事

ヴァータ優勢の方は風の性質なので、軽さがある事はお伝えしたと思います。

ただ、日々の中でスケジュールをパンパンに入れてしまう、スケジュールをパンパンに入れたは良いものの、スタミナがなく最終的には疲れてしまう。

クタクタになってしまって寝てみるけど、うまく寝れなくて眠りが浅くなり不眠になりやすい。

そんな事が起こりやすくなります。

特にお昼すぎた時間からヴァータの人は眠くなりやすいので、15分前後、座ったままのお昼寝などを日々の生活に取り入れてみる事も有効です。

そして感覚器官は耳がとても良いんですね。音に敏感なところもありますので、テレビのつけっぱなしなどすると知らず知らずのうちに疲れたりしやすいです。

そして、周りの話にも敏感になりやすいので、ゆったりできる時間を1日1時間でも取るようにする事で、心にも余裕がとれるようになります。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 【ヴァータ編】アーユルヴェーダで考える食事の大切さ

【シェアサロンUZI 銀座店】
〒104-0061
東京都中央区銀座1-22-12 マドリガル銀座ビル2階
営業時間:火・水・土(第2・第4)/9:00~20:00

【シェアサロンUZI 千葉 東松戸店】
〒270-2225
千葉県松戸市東松戸1-2-8 フラワーハイツ1階
営業時間:木・金・土(第1・第3)/9:00~20:00

© 2021 美容師Umi PAGE TOP