天然ヘナやメヘンディでアレルギー!?その理由は…

ヘナ-henna

桜の季節がやってまいりました!毎日まだ満開にならないかなー?とか思いながら過ごしております。

花粉症とか患ってる方など多くいらっしゃいますが、少しでもお花見を楽しめたら良いですよね。

今回はメヘンディや天然ヘナと謳っているのにアレルギーが出てしまった理由についてお話できたらと思います。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます✨

welcome to my HP!

横浜市青葉区にあるヘアリラックススーさんでお世話になっております大砂古祐実と申します。

I working for hair salon at Aoba-ku, Yokohama-shi. I’m YUMI. please call me YUMI .

体も完治しまして、今はフルタイムで働いてます。

Finally and completely I can get over my situation, So I’m working for hair salon as a full time member.

お会いできる機会が増えてくるとは思いますので、よろしくお願いいたします。

I’m looking forward to meet you and I can speak English for you.

まだまだつたないブログではありますが、すこしでも役立つ情報を載せていけたらとおもいます。

 

天然ヘナ100%(本物なら)こんなアレルギーの反応は見たことがありません。。。

 

まず天然ヘナ100%で尚且つちゃんとした品質の場合は

上の記事は過去の記事なんですけどね、天然ヘナ100%(ハナヘナ)の事について書いてます*

 

ちょっとショッキングな画像を載せます。ご気分が悪くなったりする方は見ないでください。

メヘンディと呼ばれるヘナアートがあるんです。これはインドでは結婚式などお祝いの席で使われたり、占いだったり色んな場面で使われるアートなんですよね。

 

 

こういうアートなんです。何度か見た事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか??

私自身も興味があったりした時期もあったのですが、ある画像を見て、驚きを隠せませんでした。

その画像がこちらです

 

 

この画像はメヘンディによって引き起こされたアレルギーの反応です。

何故こうなってしまったのか、と、言いますと。

 

デザインをより色濃くしっかりと肌に定着させるために、ヘナの中に化学薬品が含まれています。そして引き起こされたアレルギーの反応です。天然ヘナでアートをしてもそんなに色濃く肌には残りません。日本人からしたら、なんとなくオレンジに染まって、時間がたつと少し茶色になるくらいなんです。

黒くしっかり染まるのは化学薬品が入らないと染まらないんですよ。

 

ヘナで白髪を染めるのも一緒です。

2度染めを何度も何度も短い期間でやれば黒っぽく深い茶色に染まりますが1度で短時間で染まるのは化学薬品入ってます。

 

こちらはヘアカラーによるアレルギーについての記事です。

 

天然ヘナ100%で染めようと思って美容室に行ったのに、使われたヘナは天然ヘナではなく化学薬品が入ってるヘナを使ってる事があったり。

美容師も知らずに使ってしまっている事もあります。どこのどんなヘナを使っているのかっていう事がきちんと分かるというのはとても大事なお話ですよね。アレルギー反応が出てからでは遅いんです。

ヘアカラー(普通のジアミン系のカラー剤)は法律違反ではないのですが、ヘナに薬品が含まれているものを使うのって法律違反です。

お客様にアレルギー反応が出て知らなかった。では済まされないと思うんですよね。

なので、きちんとどんなヘナを使ってるのかという事をチェックするって大事なんですよね。

 

天然ヘナ100%のオレンジのみで白髪を染めると?

 

今回はオレンジのみのご紹介♬

この写真は染める前ですね。

 

こちらは染めた直後の写真になります。

白髪の出方にもよるのですが、こんな感じでメッシュ状になるんです。

白髪の量が多ければ多いほどメッシュ状になります。ヘナは黒髪を明るくする事はできないのでこのようになるんですよね。

 

こちらにもヘナ記事を書いてます♬

 

そして、こちらが毛先のみにヘナを使ってます♬

 

根本は普通のカラーでパーマもしているんですけど、ダメージが気になってしまう。という事で、毛先にヘナのトリートメントをしているんですよね。

ダメージが気になる場合は、普通のカラーをしながらでもヘナはできます。

ですがアルカリカラーをしている上からヘナをすると髪の触り心地が普通のトリートメントとは異なるので、普通のトリートメントだと思ってヘナをするのは少し難しい場合がございます

どうしてかと言うと、アルカリカラーをしていると髪のダメージがあります。ですが、一般的なトリートメントをするとキューティクルのギシギシが分からないようにするために、コーティングをします。

ヘナはコーティングを剥がし、素の髪出てくるんですね。そして素の髪のダメージしていて穴が開いているところを埋めていくので、穴埋めされて髪がしっかりして、ハリコシがでたりするんです。ツヤもそうですね。

アルカリカラーをしていると、どうしてもダメージしてしまうので、素の髪が出てきたときに触り心地がちょっと変わります。

 

ヘナ後濡れている髪は少しキシミがあるかもしれないですが、しっかりと乾かすとサラッとしてくれるので心配はいりませんよ♬

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます✨

Thank you for watching till the end.

ブログ村のランキングに参加しておりまして、
一回ポチッとクリックしていただけたらとても嬉しいです!

Joining ranking of Blog. please click to this bottom.

 

 

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村

 

こちらが Hair relax SuuのHPになります!

↓This is my hair salon . You can make sure of  access and price. 

 

こちらからでも、ご予約、ご質問受け付けておりますのでご遠慮なくご連絡ください。

If there is anything we can help you with, please do not hesitate to contact us.

 

友だち追加

↑気軽にラインしてください♡

ゆみ

都内で7年、国際ボランティアにて1年、美容師として活躍後、横浜市青葉区にある美容室 Hair & relax Suu にご縁がありお世話になっていま...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)